フジイオプチカル株式会社

βチタン眼鏡フレーム専門製造メーカー

こだわり

素材へのこだわり

現在、多くの眼鏡フレームに採用されている「β(ベータ)チタン」は、高い弾力性と軽さを兼ね備えた眼鏡フレームに適した金属です。
フジイオプチカルではより高品質のメガネフレームを作るために、ある日本の大手金属メーカー1社のみが生産している特定の配合で作られたβチタンのうち「眼鏡用バージン材」とよばれるもののみを使用しています。

安全へのこだわり

フジイオプチカルのブランド商品は「スポットロー付け方式」と言う手法のみでロー付けし、生産されているためノンニッケル仕様となっております。ニッケルアレルギーの方でも安心してご利用いただけます。

技術開発へのこだわり

βチタンの特性を把握するために長い年月をかけ様々な手段で研究を重ねた結果、独自のロー付け機を開発しました。開発された「表皮効果インバーターロー付け機」(特許取得済)により素材の特性を最大限に生かした製造が可能です。
従来はβチタン最大の特徴である弾力性がより発揮できる細身のフレームをロー付けした場合、ロー付け面が極小のため加わる高熱によって部品が変形したり鈍っていました。
しかし、弊社が開発した「表皮効果インバーターロー付け機」を使えば、絶妙なバランスの弾力性を保持したままロー付けすることが出来ます。

価格へのこだわり

代表的なロー付け機であるレーザー溶接機は、高額かつ溶接部分の表面に荒れが発生してしまいます。その結果、生産コストが跳ね上がってしまいます。
「表皮効果インバーターロー付け機」を使用した場合、ロー付け手順や仕上がりは従来のものと変わりありません。生産コストを抑えることが出来るので、一般ユーザーへ適正な市場価格で商品を供給することが可能です。

pagetop